【購入前に見て!】アロエ錠スルーの成分から考える便秘と痔への効果&副作用について

そんなことは良いから、購入できるWEBサイトを教えて欲しい方はコチラです。

↓↓↓↓↓

アロエ錠スルーの成分を整理

【成分(9錠)】

  • アロエ末585mg。

このアロエ末の成分について。まず、アロエには3種類あるというのをご存知でしょうか?キダチアロエ・アロエベラ・ケープアロエの三種です。

そして、この中でケープアロエのみが医薬品として使用することが認められています。逆に言うと、ケープアロエ以外はアロエは医薬品として使用することは認められていません。アロエ錠スルーは、ケープアロエの成分から製造されています。現時点では、ケープアロエ由来の成分のみが、効果効能が認められているということになります。

【添加物】

  • バレイショデンプン
  • タルク
  • 結晶セルロース
  • 軽質無水ケイ酸
  • カルメロースカルシウム
  • ステアリン酸マグネシウム

アロエ錠スルーの便秘への効果

アロインという成分が重要です。

まずは便秘に関する効果:
アロエの皮に含まれる「アロイン」という天然由来の成分が緩下作用瀉下作用があると言われ、便秘に効果的だと考えられています。ちなみに緩下作用というのが便を柔らかくする作用、瀉下作用というのは便に水分を含ま、せ腸の内部で刺激を与える作用のことを言います。

便秘に伴う次の症状の緩和効果:
頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔

頭痛やのぼせに関しては、どのようなメカニズムなのか?なぜアロエ錠スルーが効果があるのか私にはちょっとわかりませんでした。

しかし、肌荒れや吹き出物といったお肌のトラブルについては、私自身も効果を実感している部分です。やはり腸内環境が良くなって、不要なものは外に出す必要なものはきちんと腸から吸収するというサイクルができると、お肌の調子も良くなるものなんです。腸内環境も整って便秘が辛いと思うことがなくなりました!

それから、食欲不振やお腹の張りといったことも、「不要な便を出す」という観点から有効なのだと思います。

アロエ錠スルーは痔にも効果がある?

効果効能の部分にも正式に「効く」と謳われています。痔になる原因というのは、排便時に強く、かつ長時間いきむことで、肛門付近がうっ血を起こしやすくなり、圧力を受けて肛門に強い負担がかかってしまうことが原因とされます。アロエ錠スルーでは便を柔らかくして、押し出すサポートをするので痔への対策にも有効とされています。

アロエ錠スルーで起こりうる副作用は?

医薬品にはリスク区分があり、アロエ錠スルーは、第3類医薬品に指定されています。

この部類は比較的リスクが小さい医薬品です。ただし医薬品であるため副作用のリスクが全くないと断言することができないことをご承知ください。

なぜなら、医薬品は体に変化をもたらし効果があるので、何らかのマイナスの効果がも同時に発生する可能性は完全には否定できないのです。

1度に飲む量は最大3粒です。当然これ以上飲まないようにしてください。また15歳未満の法には食べさせないように。それから、説明書にも書いていますが、妊娠中の方はきちんと医師に相談する必要があります。

それと、これは説明書には書いていませんが、できれば生理中も避けた方がいいかもしれません。というのも、アロエには、骨盤内の充血を高める作用があると言われているからです。

私の体験談はこちら
↓↓
富山アロエ錠スルーの口コミ評判を信じて救われた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。